2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2008.03.10 (Mon)

東北旅行~岩手編~

仙台に泊まった次の日は、高速に乗って岩手の盛岡へ
お昼頃にちょうど着いたので、ぴょんぴょん舎でお昼を
IMG_2790.jpg

盛岡は3大麺がありますが、予定でお昼は冷麺と決めていました
実は冷麺って焼肉屋とかでも食べたことなかったので、楽しみでした
IMG_2789.jpg

次の目的地のことを考え、控えめにハーフサイズを
でもハーフでも結構な量でした
辛さが選べたのですが、4段階中2番目の特辛に
やっぱ、激辛にすればよかったと後悔したので、側の七味と、
彼の辛い添え物も入れちゃいました
麺がしこしこつるつるで、梨が入っていたのはちょっと困ったけれど、
美味しかったです

ごはんの後は小岩井農場へ
IMG_2798.jpg

雪がかなり積もっていました
IMG_2796.jpg

冬季休業の場所が多いせいか、冬季の間は入場料がタダです
それでも、人はぽつぽついました
ここで、お土産を選んでいるときに、4月からの職場が決まったのでした
それは置いといて…
IMG_2792.jpg

羊小屋にたくさんの羊がいました
めちゃくちゃ可愛いです~
IMG_2793.jpg


絶対食べると決めていた、ソフトクリーム
IMG_2795.jpg

牛乳もとっても美味しそうだったので、両方食べようということに
どっちも濃くておいしかったぁ


小岩井農場の後には田沢湖へ
辰子像です
IMG_2800.jpg

友達が、ある意味衝撃を受けるよと言っていたのですが、
確かに、何とも言えない衝撃
冬だからか、観光客は少なく、湖半周ですれ違った車4台…苦笑

帰りに湖のほとりにある、山のはちみつ屋に
IMG_2804.jpg

時間があったら行きたいと思っていたところだったのですが、
到着したのは閉店前10分を切っていました
開いててラッキ~ということで、ハニーミルクジャムと、アカシアのはちみつを
IMG_2965.jpg



再び盛岡に戻り、その日の宿泊先に車を停めてから、夜ご飯へ
彼は車で行きたかったっぽかったですが、タダでさえ車移動ばかりの旅で、
さすがに体を動かしたくなります…うまく説得して、歩いて出かけることに
地図を忘れて外に出たことに気付き、市役所の近くだから、大丈夫そのまま行こう
と決めた矢先、早速どこにいるか分からなくなりました苦笑

私は道が分からないとすぐに人に聞きたがるのですが、
彼はあまりそういうのが好きでないのか??自力で行こうとする…
結局全く違う方に歩いていたことが分かり、10分ちょいで着くはずが、
50分ちかくもかかりました
でも、イライラせずにすんだのは、一緒に楽しみながら歩いてくれたかな…
歩いていくことに責任感を感じてしまったけれど、これには感謝でした

目的地は、市役所の近くの、白龍というお店
IMG_2808.jpg

岩手大学に進学した友達に、じゃじゃ麺のおススメなお店として
紹介してもらったところです
外で、撮影も兼ねてしばらく眺めていたら、中からお店の人が出てきて、
少々お待ちくださいと…ちらっと中を見てみたら、超満員でした

待っているとき、居酒屋から出てきた、ほろ酔いおじさんが、
「コレ(じゃじゃ麺)食べるために待ってんの
ありゃぁ~昼もすっごく並んでるけど、夜もこうなんだねぇ
と話しかけてくれました

お店の中は、地元の人に愛されているという感じで、
常連さんが多く、かなりアットホームな会話が繰り広げられていました
大勢の分を一気に茹で上げるらしく、待ち時間があったので、
じゃじゃ麺の食べ方の張り紙を読み、他の人の食べるのをチラ見(いや、ガン見だったかも
かなりアウェーな会話をしつつ待ちました
IMG_2806.jpg

出てきたじゃじゃ麺はこちらっ
麺は、うどんよりも、ちょっとしっかり目かなぁ…??
上にきゅうり、ねぎ、みそ、お皿のふちに擂ったしょうがと、塊の紅しょうが
みその上に、ラー油・酢・にんにくを好みに合わせてかけて、
ぐるぐる(ぐちゃぐちゃの方が合ってます)麺の白いところが見えなくなるまで、
かき混ぜていただきます

一応、人のをまねて作っていたのですが、それまでの私たちの会話を察してか、
お店のバイトの学生のお兄さんが(彼氏が聞いてた会話によると、おそらくタメ)
「食べ方はご存知ですか??」
と親切に教えてくれました

食べ終わるころに、側に置いてある卵を、みそなどが残った器に入れてかき混ぜ、
カウンターに差し出すと、何かのお湯??をそそいでくれて、さらにねぎとみそを加えてくれて、
たまごスープ(ちいたんたん)となり、2度楽しめます
IMG_2807.jpg

かなり美味しいのですが、食べかけでキレイでなくてすみません。。。
ここで、私は生のねぎがあまり好きでないのですが、
そこでも会話を察してくれてか、お店のおばさんが
「ねぎはいらないんだっけ??」
と抜いてくれました

このじゃじゃ麺は、小が350円、ちいたんたんを付けても400円なので、
この旅行でパンを抜かして、1番リーズナブルな食事でした
2人あわせて1000円
しかも、小でもかなり量多いです普通の男性だと中が多かった気がします

新潟で言う、イタリアンを連想させるご当地グルメで、
今まで食べたことのない味と食べ方で、東北旅行、パンを抜かせば
ベスト3には入るごはんでした
岩手に行ったら、また絶対食べたいです

あと、白龍のバイトのお兄ちゃんに2人して惚れて、
帰り道は
「めちゃくちゃいい人だったねぇ」
「絶対普段でもいい人だよ」
と、大絶賛しながらその日は終わりました

いい人がいっぱいで嬉しかったです
スポンサーサイト

テーマ : 大学生日記 - ジャンル : 日記

12:20  |  旅行記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://mahiru10.blog74.fc2.com/tb.php/380-907d923b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。